ピロリ菌情報局

ピロリ菌に関する情報が満載!

ピロリ菌の除菌方法について

ピロリ菌の除菌方法について ピロリ菌ってどんなものか知っていますか? なんとなく体によくないものというイメージはありますが、詳しいことまで知っている方は少ないかもしれません。
簡単に言うと、ピロリ菌とは胃の粘膜にすみついて炎症を起こしたり、ひどくなれば胃潰瘍や胃癌の原因になるということが明らかになってきました。
感染するとすぐには症状が出ないことが多いため、気になる方は検査して除菌することになります。
ピロリ菌非常に強い菌で、胃酸では死にません。
検査方法はいくつかありますが、胃の粘膜をとる方法や採血や尿から検査する方法、便を検査する方法などあります。
どの方法で検査するかは、病院の先生に相談して決めましょう。
感染していることが分かった場合、投薬にて除菌する方法を行います。
ほとんどの場合は正しく服用していれば改善することが多いのですが、それでも除菌できなかった場合はさらに薬を変えて投薬を行います。
これでほぼ改善できるはずです。
これでも除菌できなかった場合は専門の先生を紹介してもらうことになるでしょう。
検査方法や料金についてはあらかじめちゃんと聞いておくことが大切です。
ご自身の健康のためにも一度検査してみて、病気の予防に努めることが大切です。

ピロリ菌除菌の副作用について

ピロリ菌といっても、なんのことかわからないという人はいないでしょう。
ピロリ菌は胃の中にすみついている最近のことで、ピロリ菌がいることによって胃の粘膜が傷ついたりして、胃の不具合がおこったり腫瘍ができたりするものです。
最悪は悪性の癌になる可能性もあります。
ですから、ピロリ菌がいるかどうかの検査をしてもしいることがわかったら、除菌をする必要があります。
検査の方法ですが、確実にいるかどうかわかる方法は、胃カメラをやってみて、胃の組織を採って検査をするという方法です。
これが一番確実にわかりますが、血液検査でも、ある程度の可能性はわかります。
数年前までは除菌をするにも、保険適用ではなかったので、高額な費用が必要でしたが、いまは保険適用になったということと、除菌といっても錠剤の薬を1週間的度飲むだけなので、簡単にできるようになりました。
副作用としては、薬を飲んでいる間に、吐き気が出る人もいたり、また便が緩くなることもあります。
ただそれは人によってさまざまです。
ただ、除菌をやっている間は薬を途中でやめてはいけません。
しっかりと飲むことによって、効果がでる薬ですから、多少の症状のときは薬をしっかりと飲みきることが大事です。