ピロリ菌情報局

ピロリ菌対策とアトピー

ピロリ菌対策したらアトピーも緩和した相乗効果

ピロリ菌対策したらアトピーも緩和した相乗効果 胃の粘膜に住み着くピロリ菌は、感染していると除菌をしない限り、ずっと居座ります。
放っておくと、胃がんや胃潰瘍の原因になる事があることで有名です。
そのピロリ菌を倒してくれるのが乳酸菌だと話題になっています。
乳酸菌は、おなかの調子を整える事でも昔から、重宝していましたが、胃でもいき続け腸まで届く強さからも、胃の中で抗菌作用を発揮してくれる救世主になっています。
だから酸に強いピロリ菌も、同じく酸に強い乳酸菌には敵わないのです。
それだけでなく、乳酸菌はアトピーの緩和にも役立っています。
乳酸菌は、腸の中の善玉菌を増やすだけでなく、ラクターゼという酵素を作ります。
これは、ビタミンB群のひとつであり、このラクターゼがアトピーを含むアレルギー症状の緩和に一躍かっているのです。
ピロリ菌対策をしたことで、アトピーも良くなってきた人がいるのは、体の中でそのような変化が起きているからです。
体の一部の健康を考えると、他の症状も緩和することがありますが、その良い代表例でしょう。

ピロリ菌の除菌治療で便通異常

ピロリ菌は人間の体内にいる腸内細菌の一つで、一度、棲むと一生住み続けてしまう厄介な菌です。
病気の原因にもなるピロリ菌の除菌には、抗生物質の使用が不可欠です。
主に、ペニシリンとクラリスロマイシンという抗生物質を使用します。
これを、ピロリ菌の除菌の際には、通常の2倍近く投与されることになるので、いくつかの副作用に悩まされる方が多くいます。
その中でも、多いのが便通異常です。
ひどい下痢になり、水のような軟便が一日に何度も繰り返すことがあります。
中には症状がひどく、トイレからなかなか出られず一日中トイレにこもってしまう方もいます。
そういった便通異常がひどい時には、自己判断を避け、なるべく早く受診した病院の医師や薬剤師に相談し、場合によっては一旦服用をやめることもあります。
一般的には、女性の方は便秘がちな方が多いので、下痢の症状が気になるというよりは、かえって「除菌中は便通が良くなった」と感じる方もいらっしゃいます。