ピロリ菌情報局

ピロリ菌に関する情報が満載!

ピロリ菌は人が唯一の感染源!ピロリ菌検査方法

ピロリ菌は人が唯一の感染源 ピロリ菌は胃の粘膜にすみついている細菌です。
普通の細菌は酸に弱く、胃の中では生きていることができませんが、ピロリ菌は尿素をアンモニアに変え、さらに胃酸を中和するので、長く生きていることができます。
ピロリ菌の感染源としては、飲み水や食べ物があげられます。
特に、ピロリ菌に感染している人が、小さな子供に口移しで食べ物を与えた場合は、子供も感染する可能性が高くなります。
小さな子供は酸性が弱いので、細菌が生き延びやすいからです。
小さな子供に口移しで食べ物を与えないように注意しましょう。
なお、コップの回し飲みでは感染しないことが多いです。
検査方法としては、吐く息を採取し、二酸化炭素がどのくらい含まれているか調べる呼気検査、内視鏡で潰瘍の様子を見る、胃粘膜を採取する内視鏡検査、血液検査の3つがあります。
この中で一番わかりやすいのは内視鏡検査で、数ある抗生物質の中から細菌に効く抗生物質を選ぶこともできます。

ピロリ菌と蕁麻疹の関係性と検査方法

ピロリ菌は胃の中に住み着いている細菌です。
胃潰瘍や慢性胃炎、胃がん、十二指腸潰瘍の原因となっており、50代以上の方の多くにピロリ菌が存在しています。
ピロリ菌は胃の病気だけでなく、慢性蕁麻疹や鉄欠乏性貧血などを引き起こします。
ピロリ菌は鉄の吸収を妨げ、自ら増えていくために鉄を使用することがあります。
そのため、貧血になってしまいます。
慢性蕁麻疹になる原因は様々ですが、細菌によっても出てきます。
体がストレスを感じている状態のため、皮膚に疾患が出てきやすいためです。
症状を改善するには、どちらも除菌を行うことが大切です。
除菌を行うにはまず検査が必要で、細菌の検査には胃粘膜を採取する、呼気から判定する、血液や尿を調べるなどがあります。
内視鏡を使用しない呼気試験法は一番精度が高いので、早くから除菌を進めることができます。
また、内視鏡で胃の粘膜を採取し、菌を培養するとどの抗菌薬に効果を示すかがわかります。
いつまでも蕁麻疹が治まらない場合は胃の検査を行うと良いでしょう。