ピロリ菌情報局

ピロリ菌に関する情報が満載!

ピロリ菌除去への病院等の取組み

ピロリ菌除去への病院等の取組み 胃がんなどの病気の大きな原因のひとつとして、注目を集めているピロリ菌。
医療の発達によって、除去の技術も向上し、取り組みが活発になってきている傾向にあります。
ピロリ菌の除去は保険が適用されるようにもなり、多くの病院で、除去のための薬剤の使用が行われています。
ピロリ菌の除菌には、多くの場合は胃酸の分泌を抑制する薬や、抗生物質が使用されます。
複数の薬を一週間程度服用することで、約8割の人は除菌に成功するとの研究結果が出ています。
胃の粘膜を保護する薬も併用したり、胃に負担がかからないような除去の取組みが行われています。
また、予防の取組みも活発です。
採血をして、血液中のピロリ菌の抗体を測定するために受診券を送るといった自治体も登場しています。
また、中学生など、未成年の除去や予防を推奨するところも増えている傾向にあります。
このことによって、胃がんやさまざまな胃の病気の、さらなる減少が期待されています。

病院でピロリ菌を除菌しておけば胃の疾患は防げる

ピロリ菌は、胃の粘膜内に住み着いている細菌です。
本体の長さは4ミクロンほどですから、当然、目視することはできません。
一方の端にはべん毛と呼ばれる、細長い尻尾のような毛がついています。
この毛をぐるぐる回しながら、活発に活動することができると言うのが特徴です。
胃は、胃酸が分泌されているため、細菌は存在していないと言われていました。
しかしピロリ菌は、その強い胃酸をものともせず存在しており、胃がんや胃炎、胃潰瘍と言った様々な胃疾患の原因になります。
ピロリ菌には、多くの人は子どもの頃に感染します。
そして一度、感染したら、たいていの場合は除菌しない限り、胃の中に住み続けます。
その活動により炎症などが発生して、その程度が深刻になると様々な胃疾患につながるリスクが高くなると言うことです。
ですから病院でピロリ菌の除菌治療を受けることは、様々な胃疾患の予防にもつながる、とても大きな意義があることだと言えます。
除菌は服薬で行うことができます。